トップ > 教育とは > 個性を伸ばす教育

個性を伸ばす教育

教育といっても義務教育に始まり高等教育・社会人教育・生涯教育といったものがあります。
さらに現代では、学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある幼児教育は、昨今、ますます盛んになってきています。
この中でも、小学校から中学校という成長過程の子供に施す義務教育は特に重要視されています。
しかし、重要な意義を有する義務教育においては、公立と私立の格差が生じ問題となってきています。
これは、誰もが均等に教育を受けられる権利が、親の収入に左右されかねないという現実があるからです。
社会人教育・生涯教育もニーズはありながら、不況がもたらす所得減に伴う受講生減による教育不況により、教育の質が低下していると言われています。やはりこれから人生を歩み成長著しい子供に対する教育が一番重要だと思います。そして、それぞれが生きがいを発見する生涯教育の重要性も見過ごすことはできません。
教育の中でも、特に義務教育は、本来一人一人の個性を尊重し、それに応じて教育すべきものですが、そのようにできないのが現実です。

日本が将来にわたって国際社会の競争のなかで発展していくためにも、多様な個性を伸ばす教育の仕組みがあってもよさそうです。平等な教育の中にあって現在の教育のあり方については、まだまだ問題点がありそうです。
そして教育は、各々の自己実現には欠かせないものです。より良い教育制度について、真剣で実りある議論を通じて、教育のあり方を考え直す時期が来ていると言えるのかもしれません。

聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」
この記事のカテゴリーは「教育とは」です。
教育とは本来個人の能力・適正に応じて行われるべきもので、義務教育は子供の個性に応じた教育が成されているでしょうか?又そのようなことが義務教育に取り入れられているでしょうか。所得の二極化の表れが受講生減少という教育産業の不況から、社会人教育・生涯教育などの質の低下を招いていないと言えるでしょうか。 更には教育基本法改正問題などのような教育の問題をもっと我々が真剣に考えていかないと、私たちや子孫の将来が豊かな未来を約束するものとは言えず、それが現状のように思います。個々の才能や個性をどう伸ばすかなど、あるいは生きがいを蔑にしない社会人教育・生涯教育の充実など、教育という大切な問題を他人任せにしないで考えたいものです。
関連記事

個性を伸ばす教育

教育といっても義務教育に始まり高等教育・社会人教育・生涯教育といったものがあります。 さらに現代では、学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある幼児教育は、昨今、ますます盛んになってきています。 ...

教育で知識・教養を身につける

教育で知識・教養を身につけることは、個人の人格形成や能力の開花には必要なことです。教育は、大人になる過程において私たちの人格形成や能力を発揮するためには欠かせないものです。 日本国憲法においても、個人...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「教育とは」です。

この記事のカテゴリーは「教育とは」です。

カテゴリー
おしらせ